【ガラス設備】イタリア・FOREL社、南アフリカのヨハネスブルグに「FOREL AFRICA社」を開設

Forel Africa社代表を務めるAfam Ike氏

イタリア・Forel社のアフリカにおける事業展開自体は何年も前から行われてきましたが、今回のアフリカ大陸への最初の支店の開設によりさらなる成長を見込んでいます。Forel Africa社は、ヨハネスブルグ (南アフリカ) に拠点を置いており、この戦略的な地域に対するForel社の取り組みを強化・拡大していく計画です。

今回Forel Africa社のCEO職に就いたAfam Ike氏は、Forel社の南アフリカ担当のスタッフとして、30年以上の板ガラス加工分野の実績、知見、経験を誇っています。

Ike氏はForel Africa社開設にあたり、次のようにコメントしています。

「この度のForel Africa社の開設は、数年前から計画され今回実現に至りました。この拠点の誕生により、ヨハネスブルクの地からアフリカ全土のお客様のニーズを具現化するお手伝いをし、Forel社の存在感を益々高めていく事ができる様になりました。Forel Africa社は、この地のガラス加工メーカー様、とくに自動化の促進による事業のさらなる成長を望んでいるお客様にとって、世界最新鋭の技術やトレンド情報を入手できる技術・情報の中心地となります。」

アフリカのガラス産業は長年、高度かつローカルなサービスを提供できる専門的な組織によってサポートされる、耐久性、生産性、性能を保証できる信頼性の高い生産設備・技術を必要としていました。Forel社は、アフリカの顧客のそういったニーズを深く理解しており、同社の顧客への貢献度を高める為にも、このニーズに応えていく事が不可欠であると認識しています。アフリカ大陸において、ガラス事業はまさに急速的な発展への道すがらにあり、Forel社はその成長を全力で支援する体制を整えました。


<今回のメーカー>
以下画像をクリックしていただくとメーカーのウェブサイトにアクセスできます


本記事に関する問い合わせ先
株式会社TGM 営業部 設備グループ
TEL: 03-6261-1260 MAIL: general@tgm-japan.com

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中