【展示会】China Glass 2022展示会の延期が決定

2021年開催時の様子

中国の上海または北京で毎年開催されているChina Glassですが、2022年度開催は延期されることが運営団体から正式に発表されました。当初は4月13日~16日の4日間に上海で開催予定でしたが、直近の中国における新型コロナウイルス感染症の急拡大によるロックダウン政策により、開催延期を余儀なくされたとの事です。運営団体は延期後の開催日程が決まり次第、追ってアナウンスをすると発表しています。

China Glass展示会は前述の通り毎年開催されている国際ガラス展示会で、上海と北京のいずれかが会場となってきました。今年は上海での開催を予定しており、例年多くの中国・アジア系のガラスメーカー、ガラス加工設備メーカー、材料メーカーなどに加え、イタリアやドイツの企業が出展するパビリオンも備えた国際ガラス展示会です。

今回の展示会は新型コロナウイルス感染症の影響により延期となってしまいましたが、中国の2021年上期のガラス市場は堅調とであったと報告されています。中国の国家統計局によると、2021年の上半期に販売された、合わせ、強化、複層ガラスを合計すると430,000,000平方メートルとなり、これは昨年同期比で22.4%の上昇との発表がされました。


TGM wayでは今後も当社取扱い商材だけではなく、海外の建築、展示会や製品など、多彩な情報をご紹介していく予定です。ご興味があれば、是非チェックしてください。

※本記事は、glassonline.comを運営するA151 SRL社に特別な許諾を得て掲載しています。

※情報出典元:glassonline.com 3月17日掲載「CHINA GLASS 2022 POSTPONED」


本記事に関する問い合わせ先
株式会社TGM 営業部 設備グループ
TEL: 03-6261-1260 MAIL: general@tgm-japan.com

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中