【ガラス資材】FENZI社:Glasstec2022-自動車産業向けの革新的ソリューション

ドイツ・デュッセルドルフで開催されるGlasstec2022(9/20~23)にFENZIグループが参加します。同グループはGlasstec初期から出展を続けており、今回の展示ではグループ全体の製品ラインナップを紹介し、ガラス産業向けの副資材として包括的なソルーションをご提案します。

FENZIグループは、複層ガラス用シール材、ミラーバック塗料や装飾塗料といった化学品を扱う①FENZI社(イタリア)、複層ガラス用アルミ・樹脂スペーサーを扱う②ALUPRO社(イタリア)・③ROLLTECH社(デンマーク)、ガラス用オンディマンドセラミック印刷メーカーの④TECGLASS社(スペイン)で構成されたグループでした。しかし、2022年1月31日より新たに⑤Advanced Glass Technologies(AGT)社(オランダ)が加わり、グループに新たな価値をもたらしています。

AGT社は、自動車産業向けエナメル、導電性接(銀ペースト)、貴金属用インクといった製品を扱う化学品メーカーであり、国際的にも卓越した評判を享受しています。FENZIグループとしてTECGLASS社に加えAGT社の豊富な経験を迎え入れることで、あらゆる用途に対応した幅広い革新的な製品をお客様に提供することが可能になりました。特に、自動車ガラス業界に対しては、塗料の販売のみならずガラス印刷ラインの設置まで、プロジェクトの全段階を完全にサポートすることが可能です。生産工場とビジネスネットワークは、下図のとおり世界各地に設けられています。

               FENZI社: イタリア ロンバルディア州 トリビアーノ
               FENZI AGT社: オランダ リンブルフ州 マーストリヒト
               FENZI AGT USA社: 米国 ペンシルベニア州 ダウニングタウン
               TECGLASS社: スペイン ガリシア州 ラリン
               FENZI Plants & Sealant社: 中国 浙江省 嘉興市
               FENZI AGT SHANGHAI: 中国 上海市

Glasstec2022では、FENZIグループの主力製品である複層ガラス向け副資材(シール材、スペーサー)に加え、TECGLASS社製セラミック印刷機の自動化技術の実演展示やAGT社製の自動車ガラス用エナメル塗料も展示致しますので、是非ご来場頂き、その革新的なソリューションを体感してください。


本記事に関する問い合わせ先
株式会社TGM 営業部 資材グループ
TEL: 03-6261-1260 MAIL: general@tgm-japan.com

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中