【海外建築】トルコに創造された大自然と建築の融合リゾートAhk Kndu Villas


今回GAD Architecture社の設計により、最先端の試みを多数行った、大自然と建築を融合させたリゾート、Ahk Kndu Villasが完成しました。トルコのガラスメーカーであるŞişecam社も本プロジェクトに参画しています。

本プロジェクトでは、窓ガラスに高い採光性能、断熱性能、さらに日射熱取得率のコントロールが求められ、最終的にŞişecam社のTemperable Solar Control Low-E Glass Neutral 62/44が全ての基準を満たすと認められ、採用されました。

本リゾート施設はトルコでも有数のリゾート地であるアンタルヤ市に建設されました。アンタルヤ市は海に面しており、海岸沿いには多くの5つ星有名ホテルが軒を連ねています。しかし、今回のリゾート施設は通常のホテルとは一線を画すものであり、またビーチにも容易にアクセスが可能な立地が選定されました。また、リゾート施設からは、地中海に流れ込むアクス川の西側に位置しており、多くのアクティビティを楽しむ事が可能です。

本プロジェクトでは、「大自然との融合と持続可能性に配慮したデザイン」がコンセプトとなっており、施設の正面が北向きになる様に建設され、波上の屋根に設置された太陽光パネルが太陽光を最も有効的に活用できるように考慮されています。

リゾートヴィラ(背面・庭)

前述の通り、本プロジェクトでは大自然との融合と共生が大きなテーマとして定められています。また、窓ガラスだけの工夫に留まらず、自然換気のメカニズムも設計に取り入れられています。ヴィラの全てのオープンスペースは自然風が効率良く通過できるように配置されており、サマーリゾート地でありながら、清涼な環境に身を置くことが可能です。大自然との融合を掲げている本施設では当然電力消費量を低減することも考慮されており、屋上に設置された太陽光パネルにより発電も行われます。

特徴的な木製の外装材は優れたデザイン性を提供するだけでなく、室内へ入光する日射のコントロールを行う役割も持っており、さらに空調性やプライベート空間を利用者に提供します。大自然との融合と共生に徹底的にこだわる為、駐車スペースは地下に作るなど、多様な工夫が行われています。


TGM wayでは、当社取扱い商材やメーカーに限らず、海外の展示会や業界情報、建築に関する情報など、多様な記事をアップしていく予定です。

※本記事は、glassonline.comを運営するA151 SRL社に特別な許諾を得て掲載しています

※情報出典元:Glassonline2022年3月22日掲載記事:「A Şişecam project in the centre of tourism: Ahk Kndu Villas」


本記事に関する問い合わせ先
株式会社TGM 営業部 設備グループ
TEL: 03-6261-1260 MAIL: general@tgm-japan.com

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中