【ガラス設備】最新設備とノウハウでファサードに挑み続けるQ4 Glass社(前編)

ポーランド・Q4GLASS社
Paweł Stemporowski氏 (左) and Piotr Hajdamowicz氏(右)

ポーランドに拠点を持つガラス加工メーカーであるQ4GLass社は、2010年創業と、ガラス加工メーカーとしては比較的浅い歴史を持ちながら、創業以来特にファサードに特化する事で、ポーランド国内や欧州において実績を積み重ねてきました。

同社のプロフィールやプロジェクト例、マネージメント陣へのインタビュー、また同社が導入した最新設備について、前後編の2回に分けてお届けいたします。


Q4Glass社は、創業が2010年で、現在は200名の従業員、約13,000㎡の加工工場を有しています。同社は複層、合わせ、強化、装飾印刷など多様な加工に対応した総合加工メーカーであり、特にファサードに特化する事で、独自の立ち位置を確立してきました。

Q4Glass社は、元々自動車用ガラスメーカーであるNordglass社で、長年の経験とノウハウを培ったJanusz Jankowiak氏、Piotr Hajdamowicz氏、Marek Skotnicki氏、そしてPaweł Stemporowski氏の4名が中心となり設立されました。Nordglass社での勤務を続けるなかで、ポーランドにおけるガラス加工業界に商機を見出し独立に至ったとのことです。

Q4Glass社では、最新鋭設備である伊・Forel社の自動縦型コバ磨き機 Art:EMを始め、多くの高性能設備と高い技術力を持つオペレーターにより、高品質ガラスの生産を続けています。

前述の通り、Q4Glass社の特徴は、ファサードに特化している事です。下記で同社のプロジェクトの一例を紹介いたします。


CH Galaxy-シュチェチン市

物件名:CH Galax (ポーランド・シュチェチン市)

本物件は2017年に、Galaxy Szczecin Shopping Centerの全面改装プロジェクトとして実施されました。Q4Glass社では、白および黒の無機塗装を施した装飾ファサードガラスを約7500㎡、また強化複層ガラスを約2000㎡分供給しました。共に非常に厳しい品質要求を受けていたそうです。

Dorotheen Quartier-シュトゥットガルト

物件名:Dorotheen Quartier (ドイツ・シュトゥットガルト市)

Dorotheen Quartierはシュトゥットガルトの旧市街に2016年に建築された、商業施設、住居、オフィスを内包した複合施設です。施設上部はカーテンウォール構造となっており、Q4GLassでは約4,000枚のガラスを供給しました。ほぼ全てのガラスが異なる寸法や形状、印刷パターンを用いており、加工精度や納期に対する要求も非常に厳しいものでした。

本物件のカーテンウォールには、下記構成のトリプル複層も使用されました。

1枚目(室外側):表面に無機インク印刷

        裏側にはドイツ・Arcon社製のSunbelt A40遮熱コーティング

2枚目(中間):表面に無機インク印刷

3枚目(室内側):強化Low-e合わせガラス


上記の例はあくまで一例ですが、ファサードに特化する事を方針としているQ4Glass社では、多数のファサードプロジェクトの実績を持っています。そうしたファサードプロジェクトは、多くが非常に厳しい品質・寸法精度が求められ、また大型のガラスを多量に生産する必要性もあることから、オペレーターの熟練度はもちろん、それに加えて高精度かつ優れた生産能力を持った加工機が必須であったと同社は振り返っています。

Q4Glass社の創業メンバーの共通認識は、複層ガラスやファサードに対しての大型化のニーズは年々増加していくというものであり、それに伴い、大型のガラスを高精度かつ高い生産性で加工するニーズも増加していくと考えていました。その為、4人は創業時から特にジャンボサイズ以上のファサードプロジェクトに特化していく計画を立て、Q4Glass社のブランドを同領域で確固たるものにするため、営業戦略、設備導入や技術開発を進めました。しかし、前述の通り、大型ガラスを使用するファサードなどのプロジェクトは、非常に要求仕様が高く、4人の立てた計画の道のりは、険しいものとなっていきました。


今回はこれで後編に続きます。次回では、Q4Glass社のその他プロジェクト実績、同社創業陣のインタビュー内容や、同社が高い品質・生産性に対する要求に応える為に導入した設備などをご紹介できればと思っています。是非チェックしてください!

※本記事は、glassonline.comを運営するA151 SRL社に特別な許諾を得て掲載しています

※情報出典元:2021年5月7日「Q4Glass chooses Forel for glass edge processing」

http://www.q4glass.pl/


<今回のメーカー>
以下画像をクリックしていただくとメーカーのウェブサイトにアクセスできます


本記事に関する問い合わせ先
株式会社TGM 営業部 設備グループ
TEL: 03-6261-1260 MAIL: general@tgm-japan.com

1件のコメント

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中