【ガラス設備】新しいフォーレル社COMPANYビデオの紹介

新しいフォーレル社Companyビデオ「FOREL2020」がオンラインになりました。この新しいメディアコンテンツで、イタリアガラス加工設備メーカーは、今年の課題へのアプローチを伝えています。2020年は全世界で最も激動な年の1つとして歴史に残るでしょう。多くのことが変わりましたが、変わらないこともあります。企業にとって、毎年新しい課題が発生しますが、それは新しいアイデアを取り入れることで克服できます。数年は他の年よりも厳しいですが、前進し続ける唯一の方法は会社を再出発させることです。

そしてこれがフォーレル社の哲学です。

今後数か月以内に、世界のガラス業界でガラス製造自動化の確固たる地位をさらに確立するために、多大な努力とリソースを費やした4つの重要なプロジェクトが開始されます。

と、フォーレル社のオーナーであるFortunato氏とRiccardoVianello氏はコメントしています。本日発表するプロジェクトは、テクノロジー、生産性、国際化、アフターサービスの4つの言葉で要約できます。

ビデオで説明されているように、フォーレル社はトレヴィーゾ(イタリア)の生産拠点を60%以上拡大することに取り組んでいます。生産拠点の拡大のおかげで、同時により多くの注文に対応することが可能になり、生産の一部を他の生産拠点に移動する必要がなくなります。これにより、同じ品質を確保しながら、効率が向上し、生産時間が短縮され、厳密には「Made in Italy」の高い品質を実現させます。商業的プレゼンスとアフターサービス管理の両方の観点から、アフリカ大陸でブランドをさらに発展させるために、新しい支店フォーレルAfricaがまもなくヨハネスブルグ(南アフリカ)に設立されます。南アフリカのマネージャー、Afam Ike氏がCEOに就任します。常に会社の優先事項の1つである顧客支援は、新規投資の中心です。リモートアシスタンスは、新しい拡張現実テクノロジーによって強化され、トラブルシューティングとメンテナンスで最上のサポートをお客様に提供します。また、フォーレル社スタッフと、その代理店およびお客様の保守エンジニアの両方を対象とした技術トレーニングプログラムが、新しいマルチメディアおよびインタラクティブツールでアップグレードされました。

最後になりましたが、熱可塑性スペーサー(TPS)アプリケーターは新規開発設備のお披露目のプレゼンテーションを行っており、複層ガラスのスペーサーのフォーレル社のソリューションの範囲を拡大しています。この機械により、フォーレルはこの種の複層ガラス製造のための革新的なソリューションを開発し、スペーサーの用途だけでなく、複層ガラスユニットの組み立てのすべてのプロセスを最適化することができました。フォーレル社のオーナーであるFortunato氏とRiccardoVianello氏は、毎年のように独自の課題と機会があると結論付けています。


今回のメーカー
以下画像をクリックしていただくとメーカーのウェブサイトにアクセスできます

イタリア・FOREL社

本記事に関する問い合わせ先
株式会社TGM 営業部 設備グループ
TEL: 03-6261-1260 MAIL: general@tgm-japan.com

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中