【ガラス展示】FOREL社、Glass Build America 2021に出展

FOREL社 North America現地法人は、9月13日から15日までアメリカ合衆国ジョージア州アトランタで開催される2021年版GlassBuild Americaに参加します。

「この展示会は、我々の業界にとって最も重要なイベントの一つです。私たちの市場にとって重要であるだけでなく、複層ガラスを製造用の最新の設備機器を一般に公開する機会でもあるため、今回の展示会を非常に楽しみにしています。既にアメリカとカナダで多くのお客様に導入いただいており、この展示会の目玉になることは間違いありません。」と、FOREL 社North America現地法人のCEOであるMarco SCHIAVON氏は語ります。

今回の展示では、TPS(熱可塑性)スペーサーを使用した複層ガラス用の新しいFORELライン「High Tech」を紹介します。このラインには、生産性と使い易さという2つの重要な原則に基づいて、複層ガラスを加工するための専用オプションが充実しています。今回初公開となるArt. TAアプリケーターは、ガラスの表面にTPSスペーサーを完璧に連続して塗布するように設計されています。Art. TAアプリケーターは、シンプルで直感的、そしてユーザーフレンドリーなデザインです。Art. TAアプリケーターは、TPSスペーサーに最も広く使用されている作業プログラムとオプションを全て備えています。

また、ベストセラーの縦型自動糸面取り機Art. EGも展示されます。2つのオペレーティングヘッドを備えたこの機械は、2枚の異なるガラス板を自己学習(オート)モードで同時に加工することも、1枚のガラス板に両方のヘッドを同期させてサイクルタイムを短縮し、高い生産性を実現することもできます。

ブース番号231にて、皆様のご来場をお待ちしています!

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中