【スペーサー】Thermix (サーミックス) TX PROが新たに加わったアルプロ社、順調に業績を拡大中

アルプロ社並びにフェンジーグループは「世界のガラス産業のパートナーへ」を理念としてきました。これはフェンジーグループが1941年に創業された当初から一貫した考えです。2019年にアルプロ社が実施したサーミックス事業の買収は、この理念の更なる実現に向けた施策として、確かな成功を収めています。

2019年の買収以降、サーミックスTX PROウォームエッジスペーサーが正式にアルプロ社のラインアップに加わりました。元々ドイツ・エンジンガー社により展開されていたサーミックスのスペーサー事業ですが、アルプロ社は同社製品ラインアップを更に拡充させるため、今回の買収に踏み切りました。
 
サーミックスTX PROは現在完全にイタリアで生産されています。アルプロ社はサーミックス買収前から、ウォームエッジでは全世界でもトップクラスのシェアを持っていました。そうしたアルプロ社の高機能スペーサーを製造している、ノアーレ(伊・ベネト州)本社工場に、生産ラインや主要な技術スタッフをドイツから移管しました。 また、アルプロ社はサーミックススペーサーラインの受け入れのため、延べ12,000㎡もの工場増築を行いました。

「生産ラインのノアーレへの移管は一大プロジェクトでしたが、社内の技術者の努力に加え、我々は十分な技術的サポートをエンジンガー社からも受ける事ができました。結果として、2019年末に生産ラインを移管後、早期にドイツのエンジンガー工場で生産されていた時と同じ高品質を達成しました。これは大きな成功でした。」と、フェンジーグループ代表のアレサンドロ・フェンジー氏は振り返ります。
 
「今ではアルプロ社の技術陣が持っていた知見とエンジンガーの知見が合わさり、また、生産拠点を集約する事でさらなる効率化・高品質化が進んでいます。サーミックスTX PROは現在では名実ともにアルプロ社・フェンジーグループブランドの大切な一部です。当初、買収や生産ラインの移管に不安感を持っていたサーミックスの既存ユーザー様にも、今では高い評価を頂いています。」

「今回のサーミックスTX PROの成功を経て、アルプロ社並びに当グループは、更にウォームエッジスペーサーのラインナップを拡充させました。これにより「世界のガラス産業のパートナーへ」という理念の体現を、着実に進めています。今後もフェンジーグループの躍進は止まりません。」

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中