【ガラス設備】HITECH SAFETY GLASS(南アフリカ):「フォーレル社設備を使用して品質を向上」

Vihaan氏、Roopnarain氏、Ishan Dasarath氏(Hitech Safety Glass)とフォーレル社縦型自動ガラス加工ライン

Hitech Safety Glassの本社は、南アフリカの東海岸のダーバンにあります。Hitech Safety Glassは当初、City Glassと呼ばれていました。 43年前にRoopnarain Dasarath氏によって家業として設立されました。同社は、原寸切断されたガラスを販売し、ガラスの取付サービスを行っていました。忍耐、勤勉、そして献身により、家業は順調に成長しました。 Roopnarain Dasarath氏の息子であるIshan Dasarath氏は、早い段階から父の同じ仕事に従事しています。 Ishan氏は、1990年代後半に、City Glass&Aluminiumと呼ばれる窓部門を会社に設けました。ビジネスの成功により、Dasarath家はガラス加工業も加え彼らの商売エリアを拡大していきました。そして、2004年に現在のHitech Safety GlassLtdが設立されました。

Hitech Safety Glassは、翌日配達サービスを提供することで業界に革新をもたらし、故郷のクワズールナタール州で最初に複層ガラスを製造することでこの革新を継続しました。その後、同社は東ケープ州のポートエリザベスに拡大し、フル操業している工場に成長しています。同社は現在、4年前にIshan氏の息子であるVihaan氏が家業に加わったことで世代交代を遂げています。 1年前、Hitech Safety Glassは、フォーレル社の縦型自動ガラス加工設備(EM)、縦型自動ガラス穴あけ・ミーリング加工設備(DM)、縦型洗浄機(VW)で構成される縦型自動加工設備ラインに投資しました。

Hitech Glassの将来の目標、市場動向、そしてガラス加工機械について、Vihaan Dasarath氏と話をする機会を持つことができました。

Hitech Glassは3世代の会社であり、数年以内に50周年を迎えます。今日のビジネスはどうですか?前世代と新世代の協力はどうですか?

前の世代の強さは、新しい世代が顧客サービスと品質に対する家族の哲学を維持継続しながら第4次産業革命のビジネスチャンスを享受する機会を与えてくれました。
同社のお客様は、小売業者から建築用アルミ業者、室内装飾業者、シャワー、手すりの設置業者、および冷凍業界にまで及びます。Hitechの強みは、常により高い品質を求めているお客様にさまざまなサービスを提供する能力にあります。私たちの使命は常に競争力のあるサプライヤーであるということです。そのため、私たちはより高度な設備に投資することによって、継続的な成長とサービス提供の改善を行っています。

投資について言えば、Hitech Glassは1年前にフォーレル社の新しい縦型自動ガラス加工ラインに投資しました。この投資の対象は何ですか?目標を達成しましたか?

この投資は、品質を向上させ、生産リードタイムを大幅に短縮するという当社の戦略に沿ったものでした。 Hitechのこの重要な投資は予想を上回るものであり、フォーレル社との良好な関係がなかったら実現できないものだったと考えています。徹底的な事前の投資調査の結果、メーカーとしてフォーレル社に惹かれました。カナダを旅行中に、フォーレル北米法人の代表者に会い、トロントの多くの工場で稼働しているフォーレル社製ガラス加工ラインを見る機会ができました。設備の品質の高さから私はフォーレル社に高い関心を持ちました。フォーレル社がHitechの適切なパートナーであると私に確信させたのはHitechの家族の精神にも多いに関係しました。Hitechとフォーレル社はほぼ同じ年に設立された2つのファミリー企業であり、お客様のニーズに対して同じ情熱と献身を持って成長してきたことを知り共通の言語を見つけるのは簡単でした。

フォーレル社の縦型自動ガラス加工ラインについてどう思いますか?

完全に自動化されたEM、DM、VWラインは、基本的に3つの設備を1つのシームレスな生産ラインに統合されています。オペレーターがガラスに触れることなしに3つの異なる加工を行う能力により、不良率が大幅に低下しました。これに加えて、すべての穴あけとミーリングが洗練されたソフトウェアで正確な寸法で加工することができます。このラインの最大の特徴は、ユーザーインターフェースのシンプルさです。これにより、万が一の場合でも、故障が発生した場合でも、フォーレル社の24時間サービスセンターに簡単に接続できます。

サプライヤーとしてのフォーレル社についてどう思いますか? (技術、サービス、支援など)

フォーレル社は、サプライヤーではなく戦略的パートナーと見ています。販売前から販売後までの彼らのサポートは素晴らしかった。設備投資にフォーレル社を選択したことに非常に満足しています。

Covid-19の緊急事態は、私たちの生活とビジネスの多くの場面を変えています。あなたの意見では、南アフリカの市場は将来どのように進化するのでしょうか?

南アフリカ市場は先進国に追随しており、この傾向は当面続くと考えています。現在のパンデミックによって引き起こされた世界経済の縮小は、消費者の財布を引き締めることを強いるでしょう。これはサプライチェーン全体に広がり、建築の設計者とビルダーは費用効果の高い製品により重点を置くようになります。業界として、私たちは非効率性を削減し、縮小された需要を満たすために相乗効果を生み出す必要があります。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中