【コバ磨き】AKMA社はフォーレル社の縦型自動ガラス加工機(EM)を選択:「お客様の声をヒアリングすることができるサプライヤーからの優れた技術」

キンダー氏(AKMA)とEduard Kovacic氏(フォーレル社ロシア法人)

「良い評判は、起業家の最も重要な資質の1つです。 AKMA社は、壁崩壊直後に設立され、同じ企業構造と所有権を維持しながら成長し発展した唯一のロシア企業であるという評判のおかげです。」

キンダー氏は、彼の起業家精神を視線で要約しています。大きな困難に直面し、それらを克服し、その経験を大切にしてきた人々の視線。私たちはサンクトペテルブルクに所在しています。1991年に創業したキンダー氏がオーナー兼マネージャーとして設立したAKMA社の本社を訪問しました。1000人強の従業員を雇用し、10の倉庫に分割された30,000m²の生産エリアでは、50,000m²以上の複層ガラスと50,000m²の他の加工ガラス(強化ガラス、合わせガラスなど)が毎月処理されます。研削、穴あけ、ミーリング加工、面取り、すべてのタイプのスクリーンおよびデジタル印刷、平および曲げ強化、合わせガラス、および住宅、商業、ファサードの複層ガラスの製造など、すべてのタイプの処理を処理するガラス加工工場となっています。

てのタイプのスクリーンおよびデジタル印刷、フラットおよびカーブテンパリング、ラミネーション、および住宅、商業、ファサードの二重ガラスの製造など、すべてのタイプの処理を処理する印象的な構造。

AKMA社の創設者兼CEO、キンダー氏

「1980年代の終わりに、私は国営の自動化会社のマネージャーでした。特にガラスとセラミックの分野を扱っていました」とキンダー氏は振り返ります。「パートナーと一緒に、ガラス加工の民間企業を設立することにしました。利益を従業員に再投資し、会社自体の成長につなげて、品質重視の事業を立ち上げたいと思いました。この戦略のおかげで、私はすぐにAKMA社の唯一のオーナーになりましたが、1995年にサンゴバンのロシア市場の戦略的パートナーになることもできました。ロシア国家が崩壊した1998年まで、緊密で満足のいくコラボレーションでした。」

その結果はよく知られています:前例のない経済崩壊、ルーブルの切り下げ、そして困難な不況期。その時点で、ロシアの歴史の中で特殊なものとして、企業は保留中の供給の支払いを法的に拒否することができました。ロシア地域で活動しているすべての国際グループに巨額の損失をもたらした政策でした。ただし、AKMA社は1か月以内にすべての債務を完済しました。

縦型自動ガラス加工設備 EM

「当時は多大な労力を要しましたが、AKMA社の評判を大幅に高めたため、長期的には成功を収めました」とキンダー氏は続けます。「サンゴバン自体が、私たちがビジネスを行うための真面目で信頼できる会社であることを公式に宣言しました。そして彼らはAKMA社とのコラボレーションを続けました。それ以降、他のすべてのパートナーは私たちのプロ意識を認めてくれました。長年にわたり、私達は300件を超えるリース契約を締結しており、これは常に履行されています。緊急に機械が必要になったときは、融資を受ける前でも事前に注文することができました。後から考えると、私たちが最も価値を示したのは危機の最中だったと言えます。今日、私たちはロシアのガラス加工会社の優良企業の1つです。私たちの流通、販売エリアは主に国内市場をとしていますが、フィンランド、スウェーデン、CIS諸国(旧ソ連編)、ドイツ、オランダ、カナダ、米国も含まれています。少なくとも売上高の30%を輸出にすることが将来の目標です」。

縦型自動ガラス加工設備 EM

AKMA社の生産は幅広い機能をカバーしています:住宅用、商業用、ファサード用の複層ガラス(会社が将来さらに専門化したい事業エリア)、輸送エリア(船、電車-AKMA社はちょうど300列車の窓に供給するRJDE社から注文を受けました)と、インテリア、安全性、芸術的設備用のガラス。そのビジネスポートフォリオには、イリナ・ヴィネル体操センター、アフィモル・ショッピングセンター、フアミン公園(モスクワ)の建物など、建築用ガラス部門におけるAKMA社の明白な才能を示す最高レベルの特別プロジェクトもいくつかあります。

「今日、2台のフォーレル社製縦型自動ガラス加工ラインがあります。すでに3台目を注文し、他の機械の導入を検討しています…」とキンダー氏は締めくくります。「最初のラインを設置した後、すぐに優れた加工品質と生産性の向上に気づきました。 フォーレル社設備は、私たちのビジネスの明確なアップグレードを決定づけました。それにより、生産性が向上すると同時に、優れた処理品質が実現します。さらに、フォーレル社には、他のメーカーとは異なるブランドを見つけました。最先端のテクノロジーを提供することに加えて、フォーレル社は聞く(お客様の声に耳を傾ける)ことができるサプライヤーです。 AKMA社のようなグループにとって、これは今日のニーズを管理するだけでなく、何よりも私たちの将来を一緒に計画するための基本と考えます。そして将来を見据えて、私はますます要求の厳しい市場を予見しています。私たちはますます高品質を提供し、能力のある人材とそれらの人材によって使用される技術に投資しなければなりません。これらは確固たる意思を持ってAKMA社が将来直面するであろう課題です。」

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中